助成金・補助金等、経営力UPの経営情報が満載!
はじめての方 会員登録ログイン

活力向上ハンドブック

活力向上ハンドブック経営力アップのための70のビジネスメソッドと10の財務指標
シェアツイートLINEはてぶ
運営管理(社内情報の共有)

事業の内容、進行状況、運営上の問題点などの情報を、社員間で共有している

 小規模でも企業では何人かで仕事を分担して、あるいは他の部署と協力して仕事を横断して行っています。それに仕事の一部は外注や委託という方法で、外部の企業との協力関係の下で行われます。加えて企業の業務は今日ますます複雑になり、それぞれに専門的な知識が要求されるようになっています。また昨今では、企業では正規社員ばかりではなく、アルバイトやパート、派遣社員など多様な人材が働いています。このため社内での業務経験や業務ノウハウも多様です。

 一方で顧客は、さまざまな要望をもち、低価格でも品質の良いものを、顧客側の都合に合わせた形で納入を求めてきます。

 このような状況の中で組織の多様な業務を的確に推進するにはどうすれば良いでしょうか。まず担当する仕事について責任を持って果たすことが重要です。ただし、それぞれが多様な仕事を分担して行っていますので、自分の仕事の内容や状況を把握しているだけでは企業としての活動は円滑には進みません。自分の職務だけでなく、周囲の業務内容を把握して協力して対応しなくてはなりません。企業の業務内容をよく理解し、業務状況を理解して課題を把握しておくことが必要です。職場の情報を全員で共有して協力しないと、職場の業務はますます混乱して余分な残業までしなくてはならなくなります。そこで、次のような対策を徹底しましょう。

  • 職場の仕事内容について、外部の企業との取引関係も含めて明確に全員が理解する。
  • 各自の仕事の内容を明確にする。
  • 業務の進行状況やどんな課題が起こっているか、さらにどのような問題が発生しそうなのかを職場内で報告する。
  • 自分の仕事の進行状況については上司への報告や連絡、相談を徹底する。
  • なんでも話し合えるように職場のコミュニケーションを図る。


  •  限られた人員で効率的に業務を行うためには、事業内容や業務の進行状況、運営上の課題などについて全員が理解し、全従業員が情報を共有し、進んで関連業務を調整し、同僚を支援することが必要です。そして相互に注意を喚起できる明るい職場を作りましょう。

Case Study

朝礼では全員が発表しよう

 H社では、朝礼と夕礼は社長の考えを周知し、従業員の意見を聞くために毎日欠かさず行っている。今ではすっかり定着し、効果も出始めている。朝礼・夕礼の際には、社長など幹部をはじめとする全従業員が一堂に会する。この場では、不良の改善方法を具体的に実施する段取りの決定を主体に、例えばトイレをいつもキレイにしておくための使い方など、さまざまな意見が自由に交わされている。2直制であるため、事業所ごとに日勤と夜勤で発言する機会が用意されている。品質担当の長や当日の当番(一般社員)が順番に発言するルールだ。(プラスチック金型/装飾めっき・80人)

 社内LANの導入により非常に社内の風通しが良くなったのはI社だ。事務や営業には一人一台PCを持たせて、社長や営業担当者の予定が全部見られるようになっている。営業日報は幹部がコメントを入れた後、全員がその内容を見ることができる。こうした情報共有が成果につながっている。(電子機器用部品製造・50人)

Step Up

(1)部門間・事業間で連携がとれるように定期的に意見交換している

 仕事内容が複雑になって専門的な能力が必要になったり、事業規模が大きくなったり、また複数の事業が行われたりする時、その業務間や部門間、そして事業間の連携が難しくなってきます。それは業務上のムダを発生させることになります。これを防ぐには、業務スケジュールと進行状況を業務分野別に、そして顧客別に明確にして職場で情報を共有します。そのための定期的な情報交換の場を制度化しておきましょう。さらに、従業員がみずから連携を図るように、関連業務の情報を収集するように、そして関連しそうな情報を事前に関連部署に伝達するような職場づくりを推進しましょう。

(2)朝礼やミーティングで、当日の注意事項、業務の問題点、評価できる事項などを報告している

 毎日の朝礼で当日の注意事項、発生が予想される問題点などを指示し報告します。責任者だけでなく、業務担当者それぞれからも報告するように習慣付けるとさらに効果が大きくなります。問題が発生してから対応するよりも、あらかじめ発生しそうなこと、注意しなければならないことなど事前に対応しておくことが、業務の混乱を防止し効率的な業務につながります。これらの内容については、記録しておき職場のノウハウとして蓄積しましょう。

 また、問題や注意事項だけでなく、前日の対応で良かったこと、効果的にできたことなども報告して職場のヤル気を高めることも重要です。

前の記事一覧ページに戻る次の記事

< ハンドブックTOP

pagetop