MENU

中小企業活力向上プロジェクトホーム > 中小企業活力向上プロジェクトについて

中小企業活力向上プロジェクトについて

中小企業活力向上プロジェクトとは

都内中小企業の「底力向上」と「将来の成長」に向けて、経営課題の発見(気づき)から短期・中長期の課題解決までを切れ目なく一気通貫に支援する制度です。
都内支援機関が参画する実行委員会のもと、各地域の商工会・商工会議所の経営指導員が中小企業診断士や専門家と協力しながら、企業ニーズに応じたきめ細かい伴走型支援を実施するとともに、助成金等の出口支援策につなげて、経営のステップアップをフォローします。

中小企業活力向上プロジェクト実行委員会

企業ニーズに応じたきめ細かい伴走型支援を実施するため、6つの都内中小企業支援機関が連携しています。

本プロジェクトの事業スキーム

経営診断を起点として、必要に応じて短期・中長期の課題解決支援(専門家派遣)を実施(いずれも無料)。展示会出展助成など、出口支援も充実しています。

経営診断チェック

本プロジェクトの起点は、経営者に“気づき”をもたらす経営診断チェックです。
経営指導員と診断士が訪問してのヒアリング、診断報告書の提供の後、経営指導員が継続的にフォローします。

中小企業活力向上チェックシート

経営診断に先立ち、経営者に自社の現状をチェックしていただく書式で、これが経営診断の申込書になります。「戦略・経営者」など、6分野に分かれています。

チェックシート(pdf)をダウンロード

診断報告書

チェックシートのご回答とヒアリング内容をもとに、中小企業診断士が課題解決のためのアドバイスをまとめたものです。経営指導員を通じて、企業様へフィードバックします。

MENU メニュー

お知らせ

お知らせ一覧

Mail MagazineTwitter