助成金・補助金等、経営力UPの経営情報が満載!
はじめての方 無料経営診断 会員登録ログイン

活力向上ハンドブック

活力向上ハンドブック経営力アップのための70のビジネスメソッドと10の財務指標
シェアツイートLINEはてぶ
戦略・経営者(自律的経営と外部資源マネジメント)

経営者・幹部が研究開発、営業活動を率先垂範で行動している

 人を動かそうと思うのなら、経営者がみずから動いて範を示すことが肝要です。経営のパラダイムが大きく変化してきました。安くて良いものを提供できれば売れるという「供給指向」の市場から顧客が求めるものをタイムリーに提供していかないと売れない「需要指向」の市場に大きく転換しています。そして、経済のサービス化、ソフト化などと言われますが、付加価値の源泉がノウハウや売り方などのソフト的な部分に移ってきています。そこで、顧客満足度を高めるには末端に至るまで一人ひとりの従業員の行動の質を高める必要があります。顧客から信頼される存在にならなければ継続的な取引、リピーターとしての信頼を勝ち取ることができません。そのため、最前線で顧客と直接対応する従業員には自分で考え、自分から率先して動き、採算性を考える企業家的な能力を発揮してもらわなくてはならない場面が増えています。そこでは幅広い職務領域をこなして、自律的に動いてくれる従業員であってほしいものです。このような人材は一朝一夕に育成できるものではありませんし、経営者や管理者に意識的に育てようとする意気込みがなければ育てることも難しいのです。経営者にも管理者にも、常に率先垂範で範を示す行動が求められているということです。

 山本五十六語録には、「やって見せ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」とあります。人を動かそうとするなら、まず、範を示して、その意味を説明して納得してもらい、実際に体験をさせて、ほめてあげて(加点主義の評価)、自信を持たせなくては、人はなかなか納得して動きません。納得してくれなければ持続もしないとの考えです。

 中小製造業における研究開発では、経営者が技術者でない場合でも、みずからがあたかも研究開発のプロジェクト・マネージャーのような役割を担って引っ張らざるを得ない場面が多いものです(図参照)。任せられる工場長や技術者が育っていれば別ですが、多くの場合は経営者が率先垂範でプロジェクトを引っ張っていかざるを得ません。

 これは営業活動においても同様です。マーケティング、販売促進においては社長の人的ネットワークを契機に進める例が圧倒的に多いのが実態です。社長が方針を示して従業員に指示するだけでは、成果を出すことは難しいのが現実です。現在のような厳しい経済状況のもとでは、企画提案型の営業ができるかどうかが、業績に大きな影響を与えます。それを担える人材を育てるには社長みずからの営業活動の手本を見せることで、ノウハウの移転が進むことになり、従業員も育つのです。

Case Study

トップが時に最前線に立つことで企業に勢いがつく

 HH社の製品開発はテーマごとの担当者と社長の二人三脚で進める。途中、営業と開発の両部門間でのキャッチボールが始まり、先へ進まなくなることがある。その場合、みずからも開発の最前線に立つ社長は「社長も従業員もスタートラインは同じ、後でいいとこ取りすればいい」と技術者のやる気を刺激する。そして開発がやりやすいように予算の自由度を高め、机上でアイディアが6~7割固まったら、すぐに試作してみろと言う。(ケミカルポンプ製造・70人)

 II社の社長はもともと技術系だが、今は技術営業の第一線で頑張っている。とはいえ、いわゆるトップセールスとは異なる。社長も他の営業担当者と同様の販売目標があり、客先では営業部の名刺を持ち歩く。(振動計測装置製造・23人)

 全従業員の約3分の1にあたる35人が技術者というJJ社は、技術部長を兼務する社長が技術者の指導にあたる。社長の毎朝は、技術者全員から提出されたレポートの添削で始まる。入念にチェックし、内線電話でもやり取りするため、まる1時間はかかる。(めっき技術開発・92人)

Step Up

(1)研究開発や営業活動でのトラブル対応に従業員を積極的に参画させている

 従業員の育成では、OJTが最も効果があるということは改めて言うまでもないでしょう。OJTをうまく機能させるには、(1)上司や先輩との時間や空間をできるだけ共有すること、(2)易しい仕事から難しい仕事へと仕事経験の階段を用意すること、(3)従業員みずからが考えてさらに高度な勉強を自主的に進められるように、つないでいくことが重要です。とはいえ、仕事の中での修羅場経験が一皮むける体験となり、鍛えることになるのは言うまでもありません。そのような機会を有効に機能させることが、従業員を育てることになります。失敗が許されない現場で緊張感を持ちながらトラブルを解決する経験が自分を鍛え、その後の自分自身の能力開発への取り組みも大きく変質させるのです。

前の記事一覧ページに戻る次の記事

< ハンドブックTOP

pagetop