助成金・補助金等、経営力UPの経営情報が満載!
はじめての方 無料経営診断 会員登録ログイン

オンライン経営力自己診断

経営診断事例
会員登録すると、
新規会員登録はこちら
お気に入りに追加 シェアツイートLINEはてぶ

業務用機械の設計から導入まで一貫して顧客を支える技術者集団

企業名:M Seem(エムシーム)  取材先ご担当者様:代表:森田周一氏

鶏肉カット機の拡販でさらなる成長へ

大口案件の受注・失注の影響が大きく、売上に好不調の波があることに困っていた。コンスタントに受注し続けることで、経営の安定性を高める必要があったが…

企業概要

M Seem(代表:森田周一氏)は青梅市で顧客のニーズに合わせた、FA機械設計、制御盤設計、試作、保守、3次元CAD導入教育サポートを行っている。

森田氏は業務用機械のエンジニア出身であり、CAD/CAMを基盤とした技術力を強みとする。従業員1人、協力会社メンバー9人と協力し、設計から保守、教育まで幅広いサービスの実現を可能とし、取引先企業から信頼を得ている。営業面では、個々のお客様のニーズを具体的に理解し、価格競争に陥らない提案を行っている。既存顧客との関係は、従業員や協力会社のメンバーからの情報を取り入れながら、良好に維持している。

企業の悩み

森田氏は、大口案件の受注・失注の影響が大きく、売上に好不調の波があることに困っていた。コンスタントに受注し続けることで、経営の安定性を高める必要があった。既存顧客との関係は良好だが、新規顧客の開拓については、具体的にどのような顧客をターゲットとし、強みである技術力をどのように訴求すべきか、決められずにいた。

また、コスト面では、人件費の増加が悩みであった。業績の変化が大きい中で人件費をどのように管理するべきか、人件費を抑えながらも優秀な技術者を確保するにはどうすればよいか、考えあぐねていた。また、協力会社のメンバーが多くいるため、各々の個性やスキルに合った指導やアサインをすることで適材適所を実現する仕組みの構築が必要であった。

従業員もある程度育ち、社長業に時間を割くことができている中、さらなる成長を目指すには、売上とコストの両方を考慮した事業計画を立案し、個人ではなく集団として、一丸となった経営を行うことが必要だと認識していた。

独立当初から関わりがあった青梅商工会議所に相談し、以前から提案を受けていた本プロジェクトを利用することにした。

導き出された課題

中小企業活力向上チェックシートの内容を踏まえて、製造業支援に豊富な知見を持つ中小企業診断士が経営診断を実施し、現状整理と売上拡大、コスト抑制に向けた課題把握を行なった。

経営診断の結果、①技術力、チーム力等の強みを活かした営業戦略を展開するため、重点市場を選定し売上計画を立案する、②活動市場を絞り込んで専門性を高めるため、ニーズの把握と競合に勝つための提案価値を創造する、③従業員の健康とモチベーションを向上させ、安定的な事業継続と成長を実現するため、適切な評価制度等の内部管理体制を整備する、の3点を重点課題とすることになった。さらなる売上の拡大とコスト削減のため、それぞれ達成目標を明確に掲げ、計画的な活動によりその実現を目指すことが必要であった。

提案した中小企業支援施策

当社の希望により、引き続き当事業のアシストコースを利用して、専門家から具体的なアドバイスを受けながら、上記の課題解決に向けて取り組んでいった。

①重点市場の選定と売上計画立案については、新市場と既存市場での将来の受注割合とそこに至る中間目標を設定した。また、重点市場を鶏肉加工業界と定め、知名度向上のため展示会の出展や商談会の参加を行うこととし、それらに向けたプレゼン資料の作成について支援を受けた。販路開拓のツールとする鶏肉カット機のパンフレット作成費を捻出するため、補助金申請の方法も学んだ。

②ニーズの把握と提案価値の創造については、鶏肉加工業界のバリューチェーンに関する知識や最新のニーズを学ぶことで、重点市場のトレンドや課題の把握に努めた。

③内部管理体制整備については、業績変化に対応できる総額人件費管理の考え方や、従業員に制度を分かりやすく伝えることの重要性を学んだ。また、人材の適正な評価やスキルアップを図るため、自らの経験により培った業務で重要な考え方やスキルを記載した業務評価シートを作成した。

その後の状況

専門家のアドバイスも受けながら、販路開拓目的に使える補助金を申請し、無事に採択されて、鶏肉カット機のパンフレットを作成する費用を確保できた。パンフレットが完成し、今後はターゲット顧客に対して直接営業を行う予定である。

業務評価シートも作成し、従業員や協力会社のメンバーに適用している。シートはスタッフとのコミュニケーションの一助となっており、各々の個性に合わせた業務割当てが可能になった。

企業様の声

2010年に独立して以来、青梅商工会議所の皆様にお世話になっています。特に、細川様はいつも対応が早く、大企業とのマッチング交流会等も積極的に提案してくださるため、感謝しています。

事業戦略や計画の策定、内部管理体制の整備といった中長期的な観点での仕事は、本来代表がやるべきことですが、通常業務で忙しいとどうしても疎かになりがちです。当社の解決すべき課題と具体的な取り組み内容が明確になり、ありがたいと思っています。

また、アドバイスをいただきながら補助金の申請も行い、鶏肉カット機のパンフレットを作成することもできました。今後も引き続き、ご指導をお願いしたいと考えています。

経営指導員の声

森田様が個人プレーヤーとしてビジネスを始められたフェーズから、代表となって協力会社の方も含め、技術者集団となった現在まで、担当させていただいています。森田代表は経営セミナーへの参加や就業規則の作成等、課題に対してご自身で実践されており、訪問するたびに感心いたします。

今後も、鶏肉カット機の他用途への応用、さらなる発展に向けて、補助金等の各種支援施策の活用等、様々な場面でサポートをさせていただきます。
(青梅商工会議所:細川卓也氏)

企業情報

企業名 M Seem(エムシーム)
代表者 森田周一
創業年 2010
業種 製造業(FA 機械設計、制御盤設計、試作、保守他)
所在地 東京都青梅市今井1-334-3
事業PR
URL http://www.m-seem.com/index.html


中小企業診断士 伊原知希

一覧ページに戻る

< 経営診断事例TOP

pagetop