助成金・補助金等、経営力UPの経営情報が満載!
はじめての方 無料経営診断 会員登録ログイン

オンライン経営力自己診断

経営診断事例
会員登録すると、
新規会員登録はこちら
お気に入りに追加 シェアツイートLINEはてぶ

コンパクトで機能的 寝かしつけがカンタンな抱っこひも

企業名:株式会社ママイト  取材先ご担当者様:代表取締役:船木正人氏

より多くのユーザーに支持されるために

ある日、テレビで当社の抱っこひもが紹介されたところ、放送直後に注文依頼が殺到。売上を拡大できるチャンスであったが、縫製工場での生産が追いつかず在庫切れとなり、販売機会ロスに…

企業概要

株式会社ママイト(代表取締役:船木正人氏)は、赤ちゃん用の抱っこひもをインターネットで通信販売している製造小売業者である。ママイトの社名は、「お母さん(ママ)が裁縫で使う糸(イト)」に由来している。当社では、主な製造は国内の縫製工場に外注し、ボタン付け・検品・梱包等の軽作業は、船木氏の妻と近所の主婦が行っている。

市場シェアが高い海外製の抱っこひもは生地が分厚くて重いため、電車やバスでの移動が多い日本の生活や日本人の小柄な体型には合わないところがある。一方、当社の抱っこひもは約400gと軽量で、従来品の半分の重さである。コンパクトに折り畳んでバッグに入れることができるため、荷物になりにくいのが特徴である。また、赤ちゃんを寝かしつける際は、前方に付いているファスナーを開くことで、眠った赤ちゃんを起こさずにお尻からベッドに降ろすことができる。抱っこひもを入れる巾着袋、よだれカバー、フードのセット商品も好評である。

企業の悩み

当社商品の評判は口コミで広まっている。ある日、テレビで当社の抱っこひもが紹介されたところ、放送直後に注文依頼が殺到した。売上を拡大できるチャンスであったが、縫製工場での生産が追いつかず在庫切れとなり、販売機会ロスを起こしてしまった。外注している縫製工場では抱っこひもを全て手縫いで生産しており、生産量は上限に来ている。そのため、現状では飛躍的に生産量を増やすことは難しい。

企業として運営していくことに悩み始めた頃、船木氏は、異業種交流会で中小企業診断士の佐川博樹氏と出会う。この出会いがきっかけで、船木氏は経営について学ぶことを意識するようになり、東京商工会議所でアドバイスを受けることになった。

導き出された課題

「中小企業活力向上チェックシート」に基づく経営診断の結果、当社の課題として、①経営理念の明確化、②黒字化に向けた利益計画の立案、③具体的な販売計画の立案、④外注先確保による生産体制の整備、⑤売上を拡大するための営業計画の具体化、の5 点が明らかになった。

提案した中小企業支援施策

当社の希望により、中小企業活力向上事業(成長アシストコース)を利用して経営計画を策定し、専門家から具体的なアドバイスを受けながら経営課題を解決することとなった。

まずは、経営理念を明文化し、企業のあり方を意識していただくことから始まった。そのうえで、利益・売上・コストを意識した具体的な利益計画の策定を支援した。生産については、盤石な供給体制を構築するため、新工場の発掘方法、国内外への拠点の分散化などの助言を提供した。販売面では、B to B の展示会への出展による販売促進や、展示会に関する助成金の利用を提案した。

その後の状況

船木氏は、「経営者視点を持って運営に取り組むことで、他社との差別化や利益・コストを意識した経営ができるようになってきた」と語る。2017年夏にキッズ用品の展示会へ出展することも決まり、新規顧客獲得による売上拡大が期待できる。そのためには、今後も有力な工場情報を収集し、生産能力の高い工場を確保することが必要である。

赤ちゃんが抱っこひもから落下する事故を受け、一般社団法人・製品安全協会は2015年、SG マーク認定の安全基準を強化した。現在、当社は商品を改良してSGマークを取得することで、より付加価値の高い商品の販売をめざしている。

企業様の声

実際にチェックシートに記入してみると、経営者として不足している知識や経営課題が明確になりました。コーディネーターやディレクターにご指導いただき、行動レベルに落とし込んだTO DOリストを作成していただくことで、やるべきことが見えてきました。

販売面では、日本で赤ちゃんが毎年約100万人誕生している中、当社が国内シェアの1%(1万個)を獲得することを目標にしています。今後は、ネット通販による直販だけでなく、代理店販売や商業施設でのプロモーション活動を行っていきたいです。

生産面では、年間1万個を生産できる縫製工場を見つけること、これが一番の課題です。生産量はもちろん、品質・コスト・納期も満足できる縫製工場を確保するために、今後も情報収集と交渉を重ねていきます。

人事面では、今まで妻と2人で事業を行ってきましたが、これから事業拡大していくために人手が必要になります。次に考えている商品を商品化して世に広めていくためにも、私の右腕になってくれる経営人材を求めています。

これらの目標を実現するために、引き続き、ご指導・ご支援をお願いしたいです。

経営指導員の声

船木氏と出会ったとき、当社の経営は家内制手工業でした。たくさん売るにはどうしたらいいか、流通というのはどういうものか、工場はどうやって探すのかなど、アウトプットとインプットの両方で大きな課題を抱えたまま、こぢんまりと経営されていました。年間1万着という目標との間に大きなギャップが見られました。

企業としてきちんと経営したいという代表者の声を踏まえ、今回の支援を進めた結果、売上、コスト、生産、雇用などの経営者的視点が持てたと思います。

今後、この視点を失わないようにしながら、売上拡大、雇用創出に取り組んでいってくれることを期待します。
(コーディネーター:佐川博樹氏)

企業情報

企業名 株式会社ママイト
代表者 船木正人
創業年 2013
業種 製造小売業
所在地 東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1号館921号室
事業PR
URL http://mamaito.com/


中小企業診断士 和田純子

一覧ページに戻る

< 経営診断事例TOP

pagetop