助成金・補助金等、経営力UPの経営情報が満載!

オンライン経営力自己診断

経営診断事例
会員登録すると、
新規会員登録はこちら
お気に入りに追加 シェアツイートLINEはてぶ

大好きなリフレクソロジーで明日を楽しく過ごせるカラダになっていただくために

企業名:リフレクソロジールームmana  取材先ご担当者様:代表:植木マユミ氏

想定外の状況でも受け入れ、前向きに取り組む!

「小規模事業者でも活用できる補助金がある」という情報を耳にし相談に行ったが、相談対応した専門家から「単価アップしたほうがいい」というアドバイスを…… その結果が…

企業概要

リフレクソロジールームmana(代表:植木マユミ氏)は東京都立川市でリフレクソロジーとアロマテラピーの施術サービスを提供している。リフレクソロジーとは足裏を刺激することで血流を促し、自己免疫力を向上させる健康法で、いまや成長著しいリラクゼーション市場においてメジャーな施術のひとつとなっている。
自宅の一角を施術室として使い、個人で運営をはじめ、今年はちょうど10年の節目の年を迎えた。現在は、仕事を持つ既婚女性を主な顧客としてサービスを提供しつつ、障害者施設での出張ボランティアサービスも行う等、地域密着型でサービスを行っている。リフレクソロジーの施術以外にも健康グッズ(玄米枕、布ぞうり、アロマピアス)の物販も行い、精力的に活動している。
植木氏は、大手電機メーカー勤務→海外留学→飲食業を経験したセラピストとしてキャリアをスタートさせ、リフレクソロジーだけでなく整体も学ぶという異色の経歴を持ち、セラピストとしても20年の実績がある。最近ではセラピストとしての豊富な経験に加え、香りの感じ方で体質・体調を分析できる嗅覚反応分析士の資格を取得し、リフレクソロジーと組み合わせた新しいアプローチのサービスを提供している。

企業の悩み

「小規模事業者でも活用できる補助金がある」という情報を耳にし、相談に行ったのが立川商工会議所との関わりの始まりだった。前年度も本プロジェクトの経営診断を受け、その中で相談対応した専門家から「単価アップしたほうがいい」というアドバイスをいただいた。それまでの顧客層は専業主婦が多いことから価格を低めに設定しており、自分でも気になっていることではあった。
そこで「この機会に価格改定を行おう」と決心し、サービス内容、価格を大幅に見直し、顧客単価を6,500円から9,000円にアップさせ、売上を大きく伸ばすことに成功した。
単価アップに合わせ、サービス内容もグレードアップさせ、固定客も安定してきた。次のステップとして、今後も継続的にお客様に満足いただけるようにするためには、どのようなことを行っていけばいいのだろうという課題が見えてきた。
このような課題を解決すべく立川商工会議所に相談したところ、専門家による経営診断を受けられる本プロジェクトを紹介された。

導き出された課題

専門家による経営診断の結果、以下のような課題があがった。①コンセプトに合わせた店舗内装、②計数管理、③メニュー標準化、の3点である。
①は単価アップした際にコンセプトを決めたが、そのコンセプトにふさわしい店舗内装に改装することで、サービスのみでなく全体として統一感を出していくことである。②、③については一人運営であるがゆえの課題である。②は自分の頭には入っている顧客別、月別売上をひと目でわかるように「見える化」していくことであり、③は施術の手順や所要時間を決め、マニュアル化し、品質や時間のばらつきをなくす、ということである。どちらも今後さらに成長するステージにおいて必要となる課題であった。

提案された解決策

本プロジェクトのアシストコースを利用して、専門家の指導のもと上記の課題解決に向けて動き始めようとした矢先に新型コロナウイルス感染症の影響が大きくなり、サロンの営業自粛を余儀なくされてしまう。売上が大きくダウンする中、短期的に施術以外で収益を得ることが最重要課題となった。専門家と話し合い、課題としていた①、②はコロナ禍でも引き続き優先事項として残し、③については優先度を下げ、短期的に取り組むべき施策として「オンラインでの収益化」を設定した。早速、オンラインでの事業内容を練り、小規模事業者持続化補助金を活用することに決めた。
補助金申請における計画書には、オンライン対応の他、①の店舗内装も盛り込んだ。専門家から何度も計画書について助言を受けたおかげで、無事に採択され、実施に向けて大きく前進することができた。②の計数管理は、専門家と相談しながら最適なツールを選定し、実施に向けて動き始めた。

提案した中小企業支援施策

その後の状況

コロナ禍による営業自粛明けも新規顧客の受付はストップしており、1日の施術数も制限しながらの営業が続いているため、現在オンライン化の準備を急ピッチに進めている。セルフケアとしてリフレクソロジーを生活に取り入れてもらうための「オンラインあしもみ会」や嗅覚反応分析の「オンラインカウンセリング」を、また、サロンで販売している健康グッズの「オンライン販売」を予定している。試行錯誤している部分はあるものの、オンラインを通じて顧客接点を保ちつつ、収益化できる確かな手応えを感じている。

企業様の声

補助金活用が目的で立ち寄った商工会議所でしたが、良い意味で想定外の展開になりました。専門家の方からのアドバイスがなければ、単価アップは実現できていなかったでしょうし、その後の取り組みにも繋がって来なかったと思います。
また、本プロジェクトでの実行支援が始まろうとしていた矢先に、新型コロナウイルスの影響で経営環境がガラッと変わってしまったため、計画変更を余儀なくされました。実行支援では、専門家の方に臨機応変に対応いただき、いま優先度の高いことに一緒に取り組んでいただけたのはありがたかったです。
想定外の事だらけですが、その状況を受け入れ、楽しむくらいの気持ちで取り組んでいけば、確実に前進していけると思います。
(代表:植木マユミ氏)

支援者の声

わからないことはトコトン聞き、わかるまで聞く植木さんの姿勢には、この事業を成功させるんだという強い気持ちが感じられ、支援する側も懸命になりました。その成果として、持続化補助金の採択事業者となり、今後ますます発展が見込まれると思われます。
また、お客様一人ひとりの状態をしっかり把握する「主治医」ならぬ「専属セラピスト」として、ご家族丸ごとケアしているお客様も多数おり、地域密着型の「リフレクソロジールーム」として益々の活躍が期待されます。
当所としても創業からご支援させていただき、事業運営を軌道に乗せ、補助金を活用して販路拡大をしている事業者支援の成功例として、今後創業を目指す方等に伝えていきたいと思います。
(立川商工会議所:芝田達矢氏)

企業情報

企業名 リフレクソロジールームmana
代表者 代表:植木マユミ氏
創業年 2019年
業種 サービス業(リフレクソロジー・アロマテラピー・嗅覚反応分析)
所在地 東京都立川市若葉町
事業PR
URL https://www.room-mana.com/


中小企業診断士 大高 努

一覧ページに戻る

< 経営診断事例TOP

pagetop