助成金・補助金等、経営力UPの経営情報が満載!
はじめての方 無料経営診断 会員登録ログイン

オンライン経営力自己診断

経営診断事例

着心地とシルエットで顧客を魅了する婦人服 ~デザイン力・パターン力が強み~

企業名:ナカムラデザインオフィス  取材先ご担当者様:

着心地とシルエットで顧客を魅了する婦人服

創業以来10年以上続けていた美容室制服のOEMの仕事が、美容室の経営者の変更により突然キャンセルとなってしまった。また、九州地方での営業は想像以上に苦戦を強いられた。土地勘がなく一からの販路開拓となり、卸し先での条件提示の厳しさや遠方での経費の負担も重くのしかかり、業績は悪化していったが…

企業概要

ナカムラデザインオフィス(代表:中村良隆 氏)は、国際コンクール日本代表作品賞や世界ファッションデザイナーズ大賞などを受賞した婦人服デザイナーの中村良隆氏と、大手アパレルの婦人服デザイナーや外注パタンナーとして活躍した妻の中村美香氏により創設された。
当社の強みは、立体裁断という高度な手法とデザイン力により、人の身体の動きに合わせた着心地の良さと美しいシルエットを両立させる点にある。
創業当初は他社からの外注パターンや美容室の制服OEMの仕事が主であったが、2005年にオリジナル婦人服ブランド「キュズ」を立上げ、全国のセレクトショップ、インターネット、販売会などで販売している。
2011年に営業スタッフを採用し、東北地方を中心に販路拡大を図った矢先、東日本大震災の津波で卸し先の販売店が10店以上流され、売上が縮小してしまった。回復を狙い、比較的消費者のテイストが近いと感じたことから、九州地方を中心に営業活動を始めた。

企業の悩み

創業以来10年以上続けていた美容室制服のOEMの仕事が、美容室の経営者の変更により突然キャンセルとなってしまった。また、九州地方での営業は想像以上に苦戦を強いられた。土地勘がなく一からの販路開拓となり、卸し先での条件提示の厳しさや遠方での経費の負担も重くのしかかり、業績は悪化していった。また、オリジナルブランドの在庫も年々増加し、資金繰りも厳しくなった。このような苦しい状況を打破すべく、新たなオリジナルブランド製品の販路開拓、OEM受注先の開拓、インターネット通販などにより売上拡大、在庫圧縮の方法について相談したいと考え、以前から繋がりのあった商工会を訪ねた。

導き出された課題

中小企業診断士の企業診断の結果、①自社の強みの認識・効果的な発信、②営業力強化が課題となった。
①については、当社はブランドや商品のストーリー性の発信力が弱く、作り手の想いが伝わりにくいこと。コーディネートやブランド独自の着こなし提案に改善の余地があることを指摘された。そこで、自社ブランドのイメージや価格帯の整理、競合他社の調査分析によりポジショニングを明確にする、ブランドストーリーを伝えるパンフレットを作成する、当社独自のコーディネート提案とホームページやインターネット通販の商品写真のクオリティ向上に注力する、強みや売れ筋商品について社内の意識を統一する、などのアドバイスを受けた。
②については、中村良隆氏、美香氏共に企画側ということで、苦手意識が強く消極的になり、営業担当に任せきりになっている点を指摘された。小さな企業では、社長がトップセールスマンとして営業、販売を積極的に行うことが求められる。そこで、営業担当者と仕事内容ややり方についてのミーティングを設け、経営者と営業担当者が予実管理を行うなど、当社の営業の仕組み作りについてアドバイスを受けた。

提案した中小企業支援施策

上記の課題を解決するにあたり活用できる中小企業支援施策として、以下の施策が提案された。
専門家派遣(エキスパートバンク) 商工会・商工会議所
課題解決策を実行するために、自社内だけでは対応が困難である場合、その課題に関する専門性を持ったエキスパート(専門家)を3 回まで無料で派遣できる制度。
多摩‐島しょビジネスアシスト&サポート専門家 商工会・商工会議所
コーディネーターとの相談により明らかになった経営課題を解決するため専門家を最大12回まで無料で派遣する制度。

課題解決に向けてより具体的な支援を受けるためエキスパートバンク(専門家派遣)を活用し、専門家からアドバイスを受けることとなった。

その後の状況

エキスパートバンクを利用し、中小企業診断士の支援を受けながら強みの再構築と営業方法の見直しに取り掛かった矢先、営業スタッフが退職し、思うように後任の採用ができないため、自分たち2人で営業を行うことにした。営業スタッフ不在で迷惑をかけた販売先へのお詫びを兼ね、東北地方を北から順々に回った。今まで営業担当者に任せきりだったが、自分たちで販売先の生の声を聞き、気づかされる部分が多々あった。作り手の想いや意図が伝わっていない部分や、間違って伝わってしまっていたこともあり、改めて当社ブランドの想いや服のコンセプトを明確に伝えた。その説明は、販売先から自分たちが接客販売する際の参考になると喜ばれた。また、全国の販売店、その先のお客様の評判やニーズなどの生の声を吸い上げることは、商品企画の考えを改め、商品開発のヒントにもなった。当初は販売先から疑心暗鬼な反応もあったが、回数を重ねることで「企画や開発が大変だと思うけど、今後も顔を出してほしい」と言われるまで人間関係を深めることができた。

企業様の声

今まで、営業活動は最も苦手な分野であり、アドバイスをいただいた当初はなかなか実行できなかった。必要に迫られてのスタートだったが、結果的に自分たちで営業をして本当に良かった。商品が良いことも大切だが、販売する方との人間関係が大切だと痛感した。作っている人の顔や想いが見えることで信頼関係が生まれ、結果的に受注を増加させることができた。
少し前に、パリでの販売会出店のオファーがあった。この件も相談させていただいたが、まずは、国内での事業を確立させ、その後に海外へ展開しようという結論に至った。また、OEM事業に関しても、試験的だが新たな注文を得ることができた。アドバイスに基づきインターネット販売にも力をいれていきたい。今行っている事業の実績を一つひとつ積み上げ、世界に目を向けられる企業に成長していきたいと思っている。(代表:中村良隆様)

経営指導員の声

中村さんは、デザイナーということで、企画製造に偏り、製造販売のバランスに課題がありました。この経営支援を受けて、現在では、社長自ら営業回りもなさり、販売店とのコミュニケーションを重視しています。今後も、販売店の生の声を大切に、デザイン力と高度な洋裁技術で、着心地の良い服を皆さんに届けてほしいと思います。

企業情報

企業名 ナカムラデザインオフィス
代表者 中村良隆
創業年 2001年
業種 アパレル卸売業
所在地 東京都武蔵野市吉祥寺本町3
事業PR
URL http://cu-s.com/

平成27年11月6日
川名 麻衣

一覧ページに戻る

< 経営診断事例TOP

pagetop