助成金・補助金等、経営力UPの経営情報が満載!
はじめての方 無料経営診断 会員登録ログイン
中小企業支援施策
会員登録すると、
新規会員登録はこちら
お気に入りに追加 シェアツイートLINEはてぶ

少額減価償却資産の特例

少額減価償却資産の特例

取得価額が30万円未満の減価償却資産を導入した場合、合計額300万円を限度として、全額損金に算入することができます。

支援形態 共済・出資・税制
対象者 青色申告書を提出する、資本金又は出資金の額が1億円以下の法人等、又は常時使用する従業員の数が1,000人以下の個人

施策内容

取得価額が30万円未満の減価償却資産を導入した場合、合計額300万円を限度として、全額損金に算入することができます。

【対象となる資産】
取得価額が30万円未満の減価償却資産

【措置の内容】
30万円未満の減価償却資産を取得した場合、当該減価償却資産の合計額300万円を限度として、全額損金算入することができます。

【手続きの流れ】
確定申告書に必要事項を記載し、最寄りの税務署に申告して下さい。

詳しい内容は以下をご覧ください

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5408.htm

申請窓口・お問い合わせ先

国税庁

東京都千代田区霞が関3-1-1
【都内税務署一覧】
https://www.nta.go.jp/about/organization/tokyo/location/tokyo.htm

一覧ページに戻る

< 中小企業支援施策TOP

pagetop